2RAP の 1分で読める サラリーマン 日常+服+言葉のブログ

30代サラリーマン親父の好きな物、日常、言葉をファッションに+して、サラリーマン人生を楽しくする 1分で読める記事を書いて行きたいと思います。

優秀な 部下 が 辞めて いく + 対処法

優秀な部下ほど会社を去って行く。

f:id:greathelp:20181213153811j:plain

部下をお持ちの皆様、経験はありませんか??

よく引き留める方法はありませんか?と質問される事があるのですが.....

経験上、結論から言うと、部下が上司へ伝えにきた時点で非常に難しいです。

本人は、悩んだあげく伝えにくるのですから。

まだ迷いがある部下であれば、一旦引き延ばす方法はありますが、1年~2年後に結局辞めて行ってしまいます。

大体の方は次に進む道を見つけてから伝えにきます。

その場合はほぼ95%不可能と言えます。

残りの5%は、もし会社を変えるのであれば、そこよりいい条件にしてあげれば、可能かもしれません。

優秀な人はやはり人一倍頑張って、その頑張りをしっかり評価しモチベーションを維持させてあげる必要があります。

つまり、日頃の声かけや、気持ちを伝えるというシンプルな方法が辞めさせない為の重要な事なのです。

子育てと一緒です。

筆者が過去、話を受けた時にまだ迷ってるなと感じた時の引き伸ばした方法ですが、

もう3ヶ月考えて、その時本当に辞めたいと思ったらもう一度伝えにきてくれ、一人で悩ませて申し訳なかった と伝えています。

大体は3単位で物事は進みます。

なので、すぐ辞めたいという以外は、その3ヶ月で考えが色々変わり、少し延長するケースは多かったです。

その間に周囲のケアや最悪のケースを想定した今後の計画を検討する事もできます。

ただ、延びるだけで結局は辞めて行きます。

先程も書きましたが、そうなる前に日頃からの対応が大切なのです。


今日の一言 「日頃から部下(子)の変化に目を光らせる事が大切です。」