2RAP の サラリーマン 日常+服+言葉のブログ

30代サラリーマン親父の好きな物、日常、言葉をファッションに+して、気楽に書いて行きたいと思います。

着回し+niche(ニッチ)のテーパードデニム

世の中には着回しがすごい上手な人がいます。 そして、沢山服を持っているイメージがあります。
f:id:greathelp:20181023140945j:plain
スタイリストさん、美容師さん、shopのスタッフさん等私服で仕事をしておられる方が浮かびます。 確かに沢山服があれば、毎日被らないしおしゃれができるかもしれません。 ただ筆者含め大半の方が企業戦士であり、平日はスーツか作業着のパターンが多いかと思います。 最近になってようやく気づきました。 確かに服は好きで欲しい物が見つかるとお金を貯めて買い続けていたのですが・・・
着る暇がないっ!! 薄々は分かっていたのですが、物欲に勝てない日々を送っていました。 そして、日々コーデを考えていく上で以外と決まった服しか来ていない事に気づきます。 平日は通勤で決まったデニム(1回目に紹介) 派手な服は眠ってシンプルな物ばかり着る。 トップスも仕事着と分けているのでそんなにもっていても着ていない。 以外とコレクションで終わってしまっている服が多い事に気づきます。 後、情報が多すぎると選択幅が縮まるので逆に迷って時間が掛かっていました。 結局着回しが上手い人は以外とシンプルな服を好み一つの服を大事に着ている人が多いです。 実際安いからと衝動買いした服は今現在ほとんど手元に残っていません。(あげたり、売ったり) 何故か定番物だけが残って行きます。 という訳で今回は着回しの効くシンプルなデニムの紹介です。 niche(ニッチ)テーパードデニム f:id:greathelp:20181023143429j:plainf:id:greathelp:20181023143518j:plainf:id:greathelp:20181023143603j:plain
ディスタイムインクのメインレーベルとして2007年にスタート。ブランドコンセプトは「毎日着たい服」、「気がつけば着ている服」。

アルゼンチン、メキシコ、アメリカなど中南米諸国に息づくカルチャー、ライフスタイルをインスピレーション。オリジナリティある柄やディテールワーク、絶妙なサイジングでフレッシュに表現した。日本のストリートに合うようオーセンティックでカジュアルさも抑えたリアルクローズが特徴。
参考までに↓ (今回紹介と型番は違いますが同ブランドのデニムを着用した尊敬するスタイリスト本庄さん)f:id:greathelp:20181023143958j:plain 最後まで読んでいただきありがとうございます。
今日の一言 「間違いをせずに生きるものは、
それほど賢くない。」