2RAP の サラリーマン 日常+服+言葉のブログ

30代サラリーマン親父の好きな物、日常、言葉をファッションに+して、気楽に書いて行きたいと思います。

古き良き物 + Levis 501 赤耳 デニム

今日は古着について考えて行きたいと思います。 ヴィンテージの定義は30年以上経過した物 アンティークの定義は100年以上経過した物 アメリカでは上記で区分けされているそうです。
f:id:greathelp:20181023125003j:plain
筆者が古着に初めて出会ったのは確か小学5~6年くらいだったと記憶しております。 約20年以上前ですが、友達とたまたま町で開かれたフリーマーケットに出掛けたのが始まりです。 そこで一本のデニムと出会いました。 f:id:greathelp:20181023133835j:plain
衝撃的でした。 値段は300円でリーバイスのモデルは忘れましたがヒゲがすごく入ったテーパードシルエットの物でした。 (今思えば 606 610 616辺りだったかもです) 当時LevisのデニムはDANとかで1万円くらいで売っている物(ヒゲ、ダメージ加工とかは無かった)を親に頼み込み買ってもらっていましたが、こんなに味がでていて安い服がこの世のなかにあるんだ!って驚きました。 そこからは地元の古着屋を探しては物色する日々が続きました。
f:id:greathelp:20181023133137j:plain
社会人になり、一時は古着離れした時期(Nハリウッド等のハイブランド)もありましたが、そこで気づいたのは自分が好きになるブランドは古着をリンクした物ばかりだった事です。 最近は30代も半ばを迎え小遣い制でもございますので古着が再燃しております。 安くていいものを探すワクワク感は子供の頃から何一つ変わっていません。 きっとこれからもそうです。 そんな感じで今日紹介するアイテムはLevis501 赤耳モデルです。 80年代なのでプチヴィンテージでしょうか。f:id:greathelp:20181023131701j:plainf:id:greathelp:20181023131743j:plain f:id:greathelp:20181024015510j:plain
穴はあいてけっして状態は良くないですが、これからも大切にして行こうと思っています。 少し大きめサイズでゆる~くコーデしています。
では、最後になりましたが
今日の一言 「年を重ねると体力含め落ちていく能力が多いかもしれない。だが、年を取っても伸び続ける能力がある。それは統制力である。」